病原体

カンジダはどんな人でも発症する可能性があるポピュラーな疾患です。疲れや風邪などで免疫力が落ちた時にかかりやすくなる感染症です。一度かかると再発しやすくなるデメリットがあります。症状は、カッテージチーズのような白くにおいが強いおりものがメインとなります。このほか、かゆみや灼熱感を伴うことがあります。自然治癒が見込めますが、免疫力が低下したままだと潰瘍化することもあるので注意が必要です。また体内にカンジダ菌が侵襲することによって、肺炎などの発症が心配されるので、早めの治療が必要となります。

カンジダ感染症は若い女性世代に多い症状となりますが、抵抗力が弱い小児や身体機能が低下する高齢者もかかりやすい症状です。カンジダ感染症にかかっている女性と性的接触を持った男性が移ることもあるので注意しなければいけません。

もちろんカンジダには治療薬が存在していますが、塗り薬や膣坐剤が中心となります。特に、坐剤となると医師の施術が必要になる場合があるため、毎日通院することに負担を感じる人もいるのではないでしょうか。また、ドラッグストアでもOTC医薬品としてのカンジダ治療薬が販売されていますが、薬剤師に症状を話をしなければいけない煩わしさや、個人情報が洩れてしまうかもしれない不安が先行してなかなか購入できないという声も届きます。きちんと治すことを考えると、どうしても1本では足りず何度かドラッグストアへ出向く必要があることもマイナス面にとらえることができるでしょう。

ここで、おすすめしたいのが錠剤タイプのカンジダ治療薬です。使い方は簡単で、150mg錠剤を1錠飲むだけというもの。1錠飲むだけで1週間薬効が持続します。そのため、数日内に不快なカンジダの症状が軽快します。根強い症状を持っている人でも、1錠服用後1ヶ月以内に症状が軽快するという画期的なものです。ただし、こちらの医薬品はクリニックでしか処方することができません。まだ新しいタイプの医薬品ですので、処方できるクリニックも限られています。

こういったときに使ってほしいのが、海外で販売されているカンジダ治療薬のフォルカンです。個人輸入に頼る必要はありますが、日本のクリニックで処方されている医薬品のジェネリックですので、安心して使うことができます。使い方も日本のものと同様で、1錠飲むだけですので忙しい方でも安心して治療をすることができます。個人輸入を利用すればまとめ買いもできるので、再発のたびにクリニックへ出向いていた人はその煩わしさも解消されるはずです。

フォルカンを効果的に使う方法といっても、1回1錠をぬるま湯で服用するだけです。コツもいらずで服用後は薬効を待つのみとなります。カンジダの発症は疲れなどによる抵抗力や免疫力の低下が要因と言われています。フォルカンを服用したタイミングで十分な休息をとることや、食事に気を付けるというように体を休めることに注力しましょう。それだけでも、効果的な使い方へつながります。

個人輸入で医薬品を購入することに抵抗感を感じる人も見られます。日本では個人で使うことに限り許されています。人知れず治療をしたいという人もこれならきちんと治すことができるのではないでしょうか。フォルカンの個人輸入は、海外医薬品の個人輸入通販サイトから購入することができます。輸入というとどうしても手続きが面倒になる部分がありますが、通販サイトがすべて代行してくれるので、注文後は商品を待つだけという手軽さです。インターネット通販で洋服を購入するイメージで医薬品を購入できます。気になる症状が続く場合には、ぜひフォルカンを取り寄せ、治療をしていきましょう。